お墓の形式・デザイン、家族のための終活参考書

家族のための終活参考書
 
お墓の形式・デザイン

 

お墓の形式・デザイン

お墓の形式・デザイン

終活というと葬儀の準備ばかりでなく、お墓の準備も気になるところです。
よく先祖代々のお墓というのを聞きますが、核家族化が進み家族が細分化した現代では、お墓の形態も変わりつつあります。
お墓というと、一般的には寺院や公営の墓地に直方体の石材で作られたものが多いですが、最近では民営の墓地に直方体以外の形の墓石で建てるお墓というのもあるようです。
それはデザイン墓石と呼ばれるもので、自分の趣味や好きなものに関連する形(ギターが趣味ならばギターの形の墓石、お花が好きならば薔薇の花びらをかたどった墓石など)の墓石であったり、座右の銘や自分の好きな言葉や詩などを墓石に刻んだりする従来の墓石とは違う個性的なものです。
こういった自分好みの墓石を自分で注文をして、家族の負担を少なくすると同時に、親しみやすくお参りしやすい環境を作ることができます。
また、お墓の場所も屋外ではなく、全天候型の屋内の墓地も設置されてきています。雨風を防げることから掃除の手間も軽減され、お参りもしやすいことから、徐々に増えてきています。特に冬場は雪の多い北海道では人気のようです。
墓地や墓石の代わりに、納骨堂を選ぶ人も増えてきています。
納骨堂のメリットはお墓と違って場所を取らないため、都市部の利便性の高い場所に設置することができ、屋内なので天候の影響を受けず、購入する費用もお墓に比べると低価格で経済的です。
但し、デザイン墓石などで個性を出せるお墓と違って、画一的で特徴がなく、代々継承するには永続性が保障されない可能性があります。
個性を演出できるお墓を選ぶか、利便性の納骨堂を選ぶか、じっくり検討してみるのも余裕を持った終活ならではです。

おすすめ記事ピックアップ
おすすめ
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
おすすめ
家族のための終活参考書
葬儀やお墓、遺産遺言など、家族のための終活参考書