自分史の作成、家族のための終活参考書

家族のための終活参考書
 
自分史の作成

 

自分史の作成

自分史の作成

自分史を書く人が増えています。その人たちの理由はさまざまです。退職後に時間ができたから、子供たちが独立して余裕ができたから、自分の生きた証を残したいから等々。
終活の一環で自分史を書くという場合もありますが、終活に限らず、若いうちから自分史を書き綴っている人もいます。日記を書くことは、自分史の同時代記述と言えるでしょう。
学生時代に歴史を学んだ理由は、過去の事実を検証し、現在に至る道筋を確認し、未来を切り開いていくためでした。
自分史を書くことは、自分の過去を検証し、これからのよりよい人生を探っていくためです。
子孫に自分の歩んできた歴史を残すと同時に、家族の歴史や過去の事実を伝言するためでもあります。
実際に自分史を書く場合には、特に形式はありません。
過去の日記や親や親族に聞いた記憶を参考に自分年表を作成して、そこから編年体で綴っていく方法も一つです。
自分の中に強く記憶として残っている事件や事柄をピックアップして詳細に記録を残すのも一つです。
あるいは子どもの頃からの写真や趣味の収集物を取りまとめ、それにまつわる事実を記録するのも一つの書き方です。
誰のために書くのかによって、書く内容も変わってくるのかもしれません。
自分自身のために書く、子孫への伝言として書く、あるいはブログ等にして広く世間一般の人に向けて書く等、同じ自分の過去を記録するにしても視点が変わって、新たな発見があるかもしれません。
自分史は単なる回顧録ではありません。繰り返しになりますが、過去を振り返って、検証することにより、これからの人生をよりよく生きる方法を確認するためのものです。
仮に、忘れていた過去の失敗の記憶が蘇ったとしても、その経験がその後の人生にどう役に立ってきたのかを探り、その効用を余裕を持って自分史に記録しましょう。必ず今後の自分や子孫の教訓になるはずです。

おすすめ記事ピックアップ
おすすめ
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
おすすめ
家族のための終活参考書
葬儀やお墓、遺産遺言など、家族のための終活参考書