多くの人が後悔するアレやコレ、家族のための終活参考書

家族のための終活参考書
 
多くの人が後悔するアレやコレ

 

多くの人が後悔するアレやコレ

多くの人が後悔するアレやコレ

終活は、普段は考えるのを避けている「死」を意識することからスタートします。
例えば、周りでお亡くなりになった人がいて、その方の家族や親族がその対応に苦労している様子を目の当たりにして、自分のことはできる限り自分で準備しようと考えることが切っ掛けとなったりするようです。
葬儀の準備や身の回りの整理もさることながら、死を迎えるときに後悔しないための準備も終活です。
実際にこの世を去るとき、自分が何を後悔するか事前に知ることができれば、今から後悔しない準備ができますが、現実はなかなかそううまくはいきません。
死ぬときにどういうことを後悔するか終末医療に携わる医師が書いた本がいくつかあります。
それらの本の見出しには、思いあたるものもいくつかあります。
例えば、
・健康を大切にしなかったこと
・感情に振り回された一生を過ごしたこと
・遺産をどうするか決めなかったこと
・故郷に帰らなかったこと
・仕事ばかりで趣味に時間を割かなかったこと
・会いたい人に会っておかなかったこと
・愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと
・「なぜ生きたいのか」を真剣に考えてこなかったこと
・生きているうちに「ごめんなさい」と言えなかったこと
・人に言えない悩みを引きずってしまったこと
・病気のせいで夢をあきらめてしまったこと
など。
これらは死に直面した人たちの後悔の思いの一部です。
では、自分自身が後悔をしないためにはどうしたらよいでしょうか?
それは自分自身の過去を振り返って考えてみることです。
自分史を書きながら、自分の半生を振り返ってみましょう。そこに思い残していた事柄を発見するかもしれません。
そういった後悔の種を見つけ出して、解決していきましょう。
終活は「死」のための準備だけでなく、今後の人生をよりよく生きるための活動でもあるわけですから。

おすすめ記事ピックアップ
おすすめ
テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト
おすすめ
家族のための終活参考書
葬儀やお墓、遺産遺言など、家族のための終活参考書